「水元公園」検定委員会:「第740問」:【孤鬼】

画像をクリック(押)して、大きな画面で御覧下さい。
IMG_5831A0703.jpg
▽▽▽下記バナーのクリックお願いします。ブログランキングに参加しています。


昨日も書いたけど、「蟹パーティ」の後に「カラオケ」に行ったもんだから、
大分遅い時間に、為っちゃったワケですよ。
それで、オバチャンお姉さんには家に泊まって頂き、折角だから、
少し早めに起きて、水元公園へ行こう!!。
と、云う事になり、
そうですねェ~...、9時前には「オニバスの池」に着きましたかね。
まだ、開門時間前なので、用意してきた朝食を、少し離れた木陰で食べて、
いざ、「オニバスの池」へ!!。
例により、「ガハハのオッチャン」は、
歩廊に、カメラをセットした三脚を据え、準備万端でありました。
暫く、「オニバス」を観ながら、一緒に「ガハハのオッチャン」と話をし、
その後、「蓮」と「アサザ」を観て回りましたが、
予定としていた時間と為ったので、車で、
オバチャンお姉さんを「青砥駅」まで、お送り致しました。

さて、このまま家に帰って、
ビールでも飲みながら、ブログを見ようと思っている処に、
水元公園で知合いになったオッチャンからケータイ。
「今、何処?、綺麗なお姉さんと一緒に、オニバスの池に居るんだけど...。」
アリャマ!!、
まぁ~、そう言われて行かないようじゃ、男の友情に罅が入りますから、
ココは、グット、我慢、ガマン!!、辛いナァ...。
なァ~んて事は、全く無く、喜んで、引き返しました!!。
そしたら、居ました、居ました、居ましたねェ~。
「ケータイしてくれたオッチャン」の他に、妙なオッチャン数名、
それに「ガハハのオッチャン」、そして、それら「変」なオッチャンに混じって、
背の高い綺麗なお姉さんが、居りましたがなァ~!!。
話をさせて頂くと、驚いた事に、オッチャンの近所に住んでおられ、
某テレビ局にお勤めとか。
イヤイヤ、写真も撮らず、写真の話で盛り上がりましたぁ~。
そうこうしてるうち、昼も過ぎ、熱さも酷く為ってきましたので、散会!!。
「ケータイしてくれたオッチャン」が、お姉さんを送って行ってあげなさいよ、
と言うので、車で、今度は「高砂駅」まで、お送りさせて頂きました。

「オッチャン、此の頃、もてるネッ?!。」
「ワシって、罪作りやなァ~...。」


さて、そこで問題です。
この写真、何時何分に撮ったのでしょうか?(正解許容範囲は30分とします。)
[獲得ポイントは2点]

タグ : 水元公園 鬼蓮 オニバス

コメント

No title

10時ではないかと思います。

友達の輪が広がってますね。

No title

むふふ。昨日の答えは微妙な線を付いたようだ♪
しかし、もはや次の問題に行ってしまった。。。
各コメントを検討すると、20cmだな。^^ しつこいかなあ?

ほんとに、最近。人生、絶好調です。。。

答え:10:00

鈴猫 さんへ : パンパカパぁ~ン!!。

パンパカパぁ~ン、正解!!、デス。
おめでとォ~う、御座います。
苦節15年、よくぞ我慢して、ココまでの境地に達せられました。
御努力、敬服、致します。
合掌(?)。

土曜日の10時頃、「オニバスの池」にお越し頂くと、
「妙」なオッチャン達が、たむろしておりますが、
誘惑に負けて、声なんぞ掛けてはいけません!!。
声を掛けようもんなら、たちどころに、
「鈴猫さん」も、
本来の「変」なオッチャンに、変身してまうことでありましょう。
お気を付け下さい。

たかたん さんへ : タンタカタぁ~ン!!。

タンタカタぁ~ン、正解!!、デス。
おめでとォ~う、御座います。

まぁ~、ココまでの、長い試練の道程に耐えた御努力、
感服、致しました。
今後も、より一層の精進、影(ハゲじゃないよ!!。)ながら、
見守らせて頂きます。
アーメン!!。(?)

No title

信用金庫のオッチャ~ン!!

もうすぐ「K10Dのオネエサン」が行きますよ~!

まろの さんへ : 事情。

オッチャンは、只今、島流しの刑、で北海道に居ますので、
お会いする事、叶わぬ事態と為ってしまいましたが、
「信用金庫のオッチャン」には、
まろのさんの事は、ヨォ~ク、伝えてありますので、
是非、お出で下さい。
むぅ~ん...、
なかなか、綺麗なお姉さんには、会えんもんやナぁ~...。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

水元公園の元少年たち

日が暮れるまでトンボを追いかけていたあの頃、 自分の中にもまだ、子供の心が確かにあった。 今はもう、失ってしまった何かが。水元公園で私の命を救ってくれた方が、オニバスの池まで案内してくれた。 そこには、トンボや蝶や虫、花を追いかける少年たちが毎日集まっ...