「水元公園」検定委員会:「第2385問」:【水元渓谷 #2】

画像をクリック(押)して、大きな画面で御覧下さい。
IMG_3030A1208.jpg
▽▽▽下記バナーのクリックお願いします。ブログランキングに参加しています。



今日では、何の疑いも無く、
「水元渓谷」 を、「みずもとけいこく」 と言って居りますが、
本来、「水元渓谷」 は、「みなもとけいこく」、と読むべきなのです。
と、申しますのは、
異母兄である 「源頼朝」 に追われ、奥州への逃避行の際、
此の渓谷を訪れた 「源義経」 は、余りの素晴らしさに、
此の渓谷を、「源渓谷」 と命名したのですが、
地元の民衆達は、
真に以って、身に余る光栄なれど、恐れ多き事!!、と辞退。
それではと、「源 (みなもと)」 の意は、そのままに、
「水元 (みなもと)」 の 「字」 を当て、改めて、
「水元渓谷 (みなもとけいこく)」 と命名した。
と、「水元厳想記」 に記されて居りますのは、
余りにも有名な 「話」 であります。


「オッチャン、たびたび登場する、あの学者風の人、誰なのぉ~?」
「どうも、「水元公園 (みなもとのきみぞの)」 の関係者、らしいなァ~。」



さて、そこで問題です。
「水元渓谷」 の全長を、お答え下さい。
(正解許容範囲は 0.33m以内 とします。)
[獲得ポイントは3点]

タグ : 水元公園 水元渓谷 紅葉

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する