「水元公園」検定委員会:「第1801問」:【思い、消えず...】

画像をクリック(押)して、大きな画面で御覧下さい。
IMG_9448A0906.jpg
▽▽▽下記バナーのクリックお願いします。ブログランキングに参加しています。


織田信長と明智光秀と徳川家康、それに豊臣秀吉の4人が、
彼岸花の写真を撮りに行ったんです。
織田信長は、「巾着田」 に、
明智光秀は、「祖光院」 に、
徳川家康は、「権現堂堤」 に行ったんです。
それでは、
豊臣秀吉は、何処に行ったんでしょうか?
って、問題、作ったんですが...、
「答」、何処にしましょうか?


さて、そこで問題です。
この写真の撮影場所は、何処でしょう。
(正解許容範囲は5m以内とします。)
[獲得ポイントは3点]

タグ : 水元公園 彼岸花 曼珠沙華

コメント

No title

う~む、う~む・・・・分かった!! 秀吉は日輪の子説も在りますれば、『日輪川』ぞいね。田んぼにお寺さんに、堤だと云うと川が無いと、御供物を頂戴するお寺も成立しませんからね。

 それに、光秀さんの素行(祖光)が在ったればこその徳川300年の権現堂ってぇ(堤)事でしょうからね。日輪孕んで、生まれた子が秀吉と来るんですから、吉は葦に通じて、葦生えるのは川でヤンスからね。

 加えて・・・その辞世の句が、露と落ち露と消えし我が身かな、浪花の夢のまた夢・・・と来れば、H2O続きで露・浪で川を表わす。

 これで、正解にして下さい。ホームズ先生、右京警部に聞いて来たんですから。お願いしま~す。

アガタ・リョウ さんへ : 恐悦至極!!。

信長は「腰巾着」、光秀は「遡行」、家康は「権現様」、
と、為ればデスよッ、仰る通り、秀吉は、「日輪川」!!。
と、為りますわナぁ~ッ。
従って、「日輪川」、『 大正解!!。』、デスッ!!。
と、まぁ~、平然と書いて居りますが、
実は(実話)、当然(?)、
頂いたアガタ先輩のコメントからの「こじつけ」、「後講釈」です。
それにしても、頂いたコメントに、感心仕切りです。
戯け世界の大語界(誤解)の海原に関連無く漂う「言葉」を繋ぎ合わせ、
独自の思考(嗜好)に副い、毒徳(?)世界を構築する。
これこそ、脳にとっては、究極の「遊び」・「悦楽」、
否、己が己である事の証明、生きている、と云う事なんでしょうね。
いやいや、面白きかな、です。
誠に、有難う存じます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する